日本弁護士連合会(通称・日弁連)

弁護士先生とトラブルになったら  弁護士とトラブルになったらのページ

法律相談・公設事務所ガイド  法律相談窓口

日本各地の弁護士検索  全国の弁護士会

ネット検索で弁護士を探すのも、タウンページで探すのも人それぞれです。 でも、ネットで見つけるにしてもタウンページにしてもサイトのデザインとか広告のデザインに大きく左右されちゃっていませんか?

各地の弁護士会に電話を入れて自分の事情を説明して弁護士を紹介してもらう方が確実だよ。


法テラス

正式名称は日本司法支援センターです。

「誰に相談をしたら良いのかわからない。」「どこに相談窓口があるのかわからない。」「弁護士に相談したいけど、お金がない。」そんな時は法テラスです。
そんな宣伝文句につられて相談の電話をしたら、貴方は規定以上の収入が有るから駄目と断れました・・。

法テラス

法テラスYouTubeの動画


弁護士さんにも得手不得手の分野が有ります!
知人の居酒屋が4ヶ月家賃滞納で立ち退きの寸前まで行きました。
電話帳で近所の弁護士さん、電車の中に広告を出している先生に片っ端から電話をしてアポ取って面談に行きましたが、"完全に非が有るのは貴方だから立ち退きは仕方ない諦めて" という先生ばかりでした。
ですが、お客さんの一人から紹介された先生が、『なんとかなるかも知れませんね~!』と引き受けてくれて、結果なんとかなり今でもお店は営業できています。

日本司法書士会連合会

日本司法書士会連合会 (音が出ます)

全国司法書士会一覧

不動産登記・会社の登記・供託の手続代理、裁判所・検察庁・法務局への提出書類の作成、簡易裁判所における訴訟・調停・和解等の代理、法律相談、企業法務、成年後見事務、クレジットローン、サラ金等多重債務者の救済など弁護士さんにお願いするには費用が・・、という内容なら司法書士がよいかもしれません。


司法書士さんの弱点

司法書士先生、料金が弁護士先生ほど高くないので使い易いのですが・・。

弁護士と司法書士のもっとも大きな違いは、弁護士は大小さまざまな民事事件や刑事事件を区別なく扱うことができるのに対し、司法書士は、金額が140万円を下回る民事事件しか扱うことができないという点にあります。

市民間のトラブルを扱う裁判所には小さな事件を扱う簡易裁判所から、その上級審である地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所と色々あります。 弁護士はいずれの裁判所の事件に対応できますが、司法書士は簡易裁判所の事件だけに限定されています。


脱税したお金を捨てる人へ!
シコシコと脱税してお金を隠し続けて、それが余りにも大金になり過ぎてビビってお金を捨てるなら、日本弁護士連合会に寄付をしてみてはどうよ!
贖罪寄付という制度が有るのです。 寄付されたお金は、日本弁護士連合会並びに各地の弁護士会が実施する法律援助事業における各種法律相談・訴訟手続の援助など、資力の乏しい方の援助事業利用のために有効に使われます。

町の法律相談会

ハッキリ言って、レベルの低い弁護士さん司法書士さんが居る場合があります。

先生のレベルの当たり外れが有り過ぎ!

法律相談は、痛いけれどやはりそれなりの相談料を払って絶対に受けるべきです。 たまたま、低レベルにあたってしまったのかも知れませんが、1時間2万円の先生とは納得度が全然違う!

地方自治体がやっている無料相談に来る先生はたぶん嫌々来るからなんだろうが、ハッキリ言って、自分の言葉に責任を持っていない先生が多過ぎ!


インターネットでの質問

ネット上で自分の一生を左右するような法的に重要な事をネットで質問をしている人達が居ますが、"オイオイオイまじかよ" と突っ込みを入れたくなります。

回答されている方々の多くが的のズレたポジションに居るまたは居た方々が殆どです。 お金はかかるでしょうが、現役のプロに聞いた方が絶対に良いと思うのだが・・。


メールでの質問

メールで質問をするのなら、より具体的な内容・状況を書く事。

そして、本名、電話番号は必須です。

弁護士さん司法書士さんに本名・電話番号が知られても『あれはどうなりましたかね~?』なんってセールスの電話はかかって来ません。

私の場合、今までに無料相談の先生以外ハズレが無いので "お金を払ってでも" という理論を展開しております。